Loading...

2018 3月|広島市安佐南の産婦人科 フジハラレディースクリニック

TEL 082-850-1815
レシピ
アーカイブ : 2018年 3月
材料

【材料】(2人分)73 kcal/人
豆腐     100g
甘酒     60g
レモン汁   大さじ2
りんごジュース(豆乳) 20~40㏄
塩      ひとつまみ
季節の果物  適量

作り方

【作り方】
① 豆腐を沸いたお湯で2分ほど茹で、重石をしてしっかり水気を切る。
② フードプロセッサー又はミキサーに甘酒、レモン汁、塩を加えなめらかになるまでよく撹拌する。
水気が足りなければりんごジュース(豆乳)を適宜足す。甘味が欲しい場合は、甘酒を加え調整する。
③ 器に盛り付け、カットした果物を添える。

~ひとくちメモ~
豆腐を使ったヨーグルト風のデザート。
甘酒のやさしい甘さとレモン汁の酸味がポイントです。
季節の果物を盛り付けると見た目も華やかに仕上がります。


材料

【材料】(2~3人分)
赤飯:2人分
小豆水煮:100g
甘味料(てんさい糖、きび砂糖など):お好みに合わせて
自家製桜の塩漬け:10~20g分

作り方

【作り方】
① 桜の塩漬けを水に浸して塩抜きする。(この時の戻し汁はとっておく)
② 桜の花の部分だけをみじん切りにする。(花は飾り用にいくつか残しておく)
③ 小豆の水煮に、①で取っておいた戻し汁を加えて煮る。
ある程度水分が飛んだら甘味料を加えて、さらに水分をとばして餡子(あんこ)に仕上げる。
④ 赤飯に①の「桜のみじん切り」を加えて混ぜ、すりこぎ等でつく。
⑤ 1人分ずつラップに赤飯を広げて餡子(あんこ)をのせ、形よく包む。
⑥ 皿に盛り、②で残しておいた桜の花を飾って出来上がり☆

~ひとくちメモ~
・赤飯・桜の塩漬けは、市販品でもOKです☆
・赤飯の代わりに炊いた(小豆や赤米入り)もち米やご飯で作っても美味しいです。
 (玄米や白米は圧力鍋で炊くとモチモチ感が出るので、より食感がお餅に近くなります♬)

赤飯を使うことで、自然な桜色に仕上げています。
桜の花と戻し汁でほんのり桜の香りがただよいます。
春のおやつにぴったり☺♪