Loading...

レシピカテゴリー おやつ|広島市安佐南の産婦人科 フジハラレディースクリニック

TEL 082-850-1815
レシピ
カテゴリー : おやつ
材料

(3人分)      
もちあわ 1/2カップ
ストレートりんごジュース  約1~2カップ   
塩    ひとつまみ
りんご  1/8個~お好みで
レーズン、クルミ お好み

作り方

① もちあわは茶こしなど目の細かい網を使って洗う。水がにごらなくなるまで洗い、水気をきっておく。
りんごは好みの大きさ(いちょう切り、角切り、コンポート風に一口大など)に切って塩水にくぐらせておく。レーズンは粗く刻んでおく。
② 底が厚い小鍋(ゆっくり火が通るので焦げにくい)に、もちあわ、りんごジュース1カップを入れて(りんごを大きく切ったならここでりんごも一緒に入れる)、中弱火で煮る。煮立ったら塩を入れ、蓋をして弱火で10分程炊く。途中木べらで混ぜ、焦げそうならりんごジュースを足す。
③ もちあわがふっくら炊けたら火からおろし、りんごとレーズンを加え混ぜ、蓋をしてさらに5~10分蒸らす。水分が少ないようなら好みのかたさになるまでりんごジュースを追加してゆるめる。
器に盛って完成☆
冷やしても温かくても、どちらも美味しい♪
刻んだクルミや生のりんごをトッピングすると食感にアクセントが加わりさらに美味しいです。

~ひとくちメモ~
ジュースで炊くだけの簡単調理!母乳にもオススメのやさしいおやつです☆もちあわは、ビタミンやミネラルが豊富で栄養価が高い雑穀の一種です。


材料

(約20枚分)

◇薄力粉   110g     
◇キャロブパウダー   20g
 (ココアでも代用可)       
◇てんさい糖 30g
◇塩     ひとつまみ
◆豆乳    大さじ3      
◆なたね油  大さじ3
 スライスアーモンド 20g
 (150℃10分程で軽くローストしておく)

作り方

①◇と◆それぞれ別のボウルで計量し、それぞれ泡立て器でよく混ぜ合わせておく。
②◇に◆を入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
③粉気がなくなってきたら、アーモンドスライスを加えさっと混ぜる。
 ラップの上で3×3cm角で長さ20cmの棒状にまとめ、ラップに包んで冷凍庫で2時間ほど凍らせる。
 生地が多少ポロポロしていてもラップに包んで作業しているうちに馴染んでくる。
④凍った生地を冷凍庫から出し、包丁がスッと入るくらいの硬さになったら、8mm幅にスライスして天板に並べる。
 切り分ける時に生地が多少崩れても天板上できゅっきゅっと手で形を整えればよい。
⑤160℃に予熱したオーブンで30分焼く。
⑥焼けたらオーブンから取り出し、天板にのせたまま冷ます。

~ひとくちメモ~
香ばしいアーモンドがアクセントのざっくりとした食感のクッキーです☆
キャロブパウダーとは、いなご豆を乾燥し粉状にしたもの。
ノンカフェインでカルシウム、鉄分、食物繊維を多く含みココアの代わりに用いられることが多いです。


材料

(約20~25枚分) 193kcal/人(5枚分)

▽薄力粉     100g
▽きなこ     30g            
▽てんさい糖   30g
▽塩       ひとつまみ
▼豆乳      大さじ3      
▼菜種サラダ油  大さじ3

作り方

①▽と▼の材料をそれぞれ別のボウルで計量し、それぞれ泡立て器でよく混ぜ合わせておく。
②▽に▼を入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
③粉気がなくなり生地がまとまってきたら3×3cm角長さ20cmの棒状にし、ラップに包んで冷凍庫で2時間ほど凍らせる。
④凍った生地を5~7mm幅にスライスし天板に並べる。多少生地が崩れても手できゅっきゅと形を整えれば大丈夫。
⑤160℃に予熱したオーブンで25分焼く。
⑥焼けたらオーブンから取り出し、天板にのせたまま冷ます。

~ひとくちメモ~
ザクザクとした食感が楽しい素朴なクッキー☆
油、お砂糖控えめのやさしいおやつです。


材料

(約5人分)    41kcal/人

りんごジュース   400cc
粉寒天       小さじ1
塩         ひとつまみ
くず粉       8g
 (同量の水で溶いておく)

作り方

①鍋にりんごジュースを入れ、 粉寒天をふやかす。
②①の鍋を強火にかけ、沸騰したら弱火で2分煮る。(木べらで時々かき混ぜる。)
③塩を入れ、火を止め、水で溶いておいたくず粉を加える。
 かき混ぜながら再び火にかけ、フツフツしてきたら火を止めて容器に流し入れ、冷やし固める。


~ひとくちメモ~
粉寒天と葛粉で、やわらかい食感が絶妙なゼリーに仕上がります。
ジュースは濃縮還元のものでなく、100%ストレートのものをおススメします。
みかんゼリーにするときは、みかんジュースとりんごジュースを1:1で混ぜると酸味が和らぎます。


葛もちおやつ

材料

(3人分=約15個)  145kcal/人

水(豆乳) 200㏄
葛粉    30g   
塩     ひとつまみ
黒蜜    適量
きな粉(お好みで) 適量

*黒蜜の作り方*
黒砂糖(作りやすい量)を同量の水で煮る。
とろみがつくまで煮詰めるとできあがり。

作り方

①鍋に水、くず粉、塩を入れて木べらなどで混ぜ、くず粉をよく溶かしておく。
②混ぜながら中弱火にかけて、煮立ってきたら弱火にする。全体に透明感がでるまで5分ほど練る。
③バットなどの型に流して冷やし固め、食べやすい大きさにカットする。
 (又は、水を張ったボウルにスプーンで落とし入れ固めても)
④黒蜜やきなこをかけて食べる。

~ひとくちメモ~
葛粉とは、葛(くず)の根からとれるでんぷん質。
身体を温める作用があり冷え性に効果があります。
風邪や下痢のときには「くず湯」を飲むと体調(腸)が整うといわれています。
冷やしすぎると固くなるので作ったその日のうちに食べると美味しく食べられます。


材料

(17×24㎝の天板1枚分)

<クッキー生地>
*****************A*****************
 全粒粉        60g
 薄力粉        40g
 てんさい糖 (きび砂糖)大さじ1 
 ベーキングパウダー  小さじ1/2
 塩          ひとつまみ
 アーモンドプードル  20g
 なたね油       大さじ2
***********************************
豆乳         大さじ3
バニラエクストラクト 小さじ1

<キャラメルナッツ>
メープルシロップ  大さじ2
てんさい糖     大さじ4
水         大さじ2
なたね油      大さじ1
スライスアーモンド 1カップ
くるみ       1/2カップ

作り方

①ボウルにAを入れ混ぜ合わせる。なたね油を加えよく混ぜ、豆乳、バニラエクストラクトを加え混ぜる。
 粉っぽさが残るようだったら豆乳(分量外)を加え調節する。
②オーブンペーパーに①をのせ、ラップをかぶせ3㎜厚さに伸ばし、天板に移す。ラップを外し、170℃に予熱したオーブンで12分焼く。
③鍋にメープルシロップ、てんさい糖、水、なたね油を入れて火にかけ、砂糖が溶けてぶくぶくと泡が立ってきたらアーモンドとくるみを加え、約2分木べらで混ぜる。
④②に③を広げてのせ、さらに15分焼く。
⑤焼きあがったら完全に冷まし、好みの大きさに切る。

【ひとくちメモ】
・全粒粉が入ることでよりザックリとした食感が楽しめます(無い場合は薄力粉のみでも作れます)。
・メープルシロップの優しい香りが香ばしさをより際立たせます


材料

(2人分)  73 kcal/人

豆腐     100g
甘酒     60g
レモン汁   大さじ2
りんごジュース(豆乳) 20~40㏄
塩      ひとつまみ
季節の果物  適量

作り方

① 豆腐を沸いたお湯で2分ほど茹で、重石をしてしっかり水気を切る。
② フードプロセッサー又はミキサーに甘酒、レモン汁、塩を加えなめらかになるまでよく撹拌する。
水気が足りなければりんごジュース(豆乳)を適宜足す。甘味が欲しい場合は、甘酒を加え調整する。
③ 器に盛り付け、カットした果物を添える。

~ひとくちメモ~
豆腐を使ったヨーグルト風のデザート。
甘酒のやさしい甘さとレモン汁の酸味がポイントです。
季節の果物を盛り付けると見た目も華やかに仕上がります。


材料

【材料】(2~3人分)
赤飯:2人分
小豆水煮:100g
甘味料(てんさい糖、きび砂糖など):お好みに合わせて
自家製桜の塩漬け:10~20g分

作り方

【作り方】
① 桜の塩漬けを水に浸して塩抜きする。(この時の戻し汁はとっておく)
② 桜の花の部分だけをみじん切りにする。(花は飾り用にいくつか残しておく)
③ 小豆の水煮に、①で取っておいた戻し汁を加えて煮る。
ある程度水分が飛んだら甘味料を加えて、さらに水分をとばして餡子(あんこ)に仕上げる。
④ 赤飯に①の「桜のみじん切り」を加えて混ぜ、すりこぎ等でつく。
⑤ 1人分ずつラップに赤飯を広げて餡子(あんこ)をのせ、形よく包む。
⑥ 皿に盛り、②で残しておいた桜の花を飾って出来上がり☆

~ひとくちメモ~
・赤飯・桜の塩漬けは、市販品でもOKです☆
・赤飯の代わりに炊いた(小豆や赤米入り)もち米やご飯で作っても美味しいです。
 (玄米や白米は圧力鍋で炊くとモチモチ感が出るので、より食感がお餅に近くなります♬)

赤飯を使うことで、自然な桜色に仕上げています。
桜の花と戻し汁でほんのり桜の香りがただよいます。
春のおやつにぴったり☺♪